藁でマルチング

とても寒い1月です。去年の秋に蒔いたコリアンダーの芽が、寒さのせいかなかなか大きくなってくれません。きっと毎朝の霜も小さい苗にはよくないのだろうなと思って、実家にあった稲藁を少し譲ってもらいマルチングしてみました。

今週末からさらに寒くなるみたいなので、これで少しは寒さが凌げるでしょうか。去年の春から自分で育てて初めて採取したコリアンダーの種。それを蒔いて出てきた芽なので、頑張って大きくなってこのまま春を迎えてほしいです。

藁のマルチングについては、効果的とネットで調べると出てくるのですが、風に藁が飛ばされてしまうのが欠点とのことで、なるべく飛ばないようにペグと麻ひもで固定してみました。

これでいいのか悪いのかわからないけれど、しばらく様子を見てみようと思います。ぜひとも冬を越してぐんぐん大きくなって、パクチーをサラダや生春巻きに使いたいです。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です