クミンの香り

最近の私のキッチンに欠かせないスパイス。クミン。

クミンの香りはとても独特です。カレー粉に入っているスパイスなのでカレーの香りに近いのですが、それとは別の独特の臭いがあります。なので長い事私は、クミンは得意でない香りだと思っていました。

ところが、私が長きにわたって大好きな料理にクミンが欠かせないことが分かり、今ではなくてはならないスパイスとなりました。

「80のスパイス辞典」(フレグランスジャーナル社刊)にクミンの香りの表現としてこう書いてあります。

この成分は、単一ではナンキン虫様の悪臭を持っているので、ほかのスパイスとブレンドして使用することをおすすめする。

(フレグランスジャーナル社刊 「80のスパイス辞典」より

なるほど、単一では強烈な香りですが、料理に入れると最高にいい風味になるのはこういう理由からなのですね。パクチーの葉も同じような表現がされますが、臭い香りといい匂いってほんとに紙一重です。

バニラの香りには牛の糞の臭いと同じ成分があるという事から、牛の糞の中から香りの成分を取り出し、アイスクリームを作ってイグノーベル賞をとった日本人がいますがそれと似てるかも。

ちなみに我が家でつくるクミン料理は、「チリビーンズ」と「キヌアサラダ」。

チリビーンズはファストフード店「ウェンディーズ」のチリが、けんちん汁と並ぶ私のソウルフードと呼べるくらい大好きで(笑)、近くにウェンディーズがないのでクックパッドで”ウェンディーズ、チリ”と検索したら出てきました。

キヌアサラダはコストコ好きなら知っている?これにはまってこちらも同じようにクックパッドで検索してレシピを探し、オリジナルよりも薄味にしながらも、オリジナルに近い味にするため私流にアレンジしています。決め手はお庭のイタリアンパセリ。

どちらの料理もクミンは必須スパイスで、量も使うので一瓶なくなるのが他のスパイスに比べると間違いなく早いです

手作りソーセージにも使います。少し加えると味のアクセントとなって美味しいですよ。

<2020年2月追記>

ウェンディーズの店舗がなくなり、ファーストキッチンでウェンディーズのチリが食べられるようになっています。1年前くらいに楽しみにして食べに行ったことがあるのですが、ウェンディーズの店舗で食べたものとチリの味と中の具材のボリュームが変わっている気がしたのは私だけでしょうか…。好きだっただけにちょっと違うと感じてしまいました。またしばらく経ってから食べに行ってみようと思っています。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です