カレンデュラオイル

カレンデュラ(マリーゴールド)のドライをオイルに漬け込んでカレンデュラオイルを作りました。

カレンデュラは外用でもハーブティーとして飲んでも活用できるハーブです。

外用ではお肌の炎症に昔からよく使用され、ハーブティーとして飲むと胃腸の炎症や口内炎などにいいと言われています。他にも月経痛、更年期障害などにも使用されます。

カレンデュラを一度育てたことがあるのですが、あっという間に虫に食べられてしまい、その後は育てていません。一度かわいいオレンジ色のお花をつけたのですが、その直後の悲しい事件でした・・・。ヨトウムシの仕業かなと思っています。

マリーゴールドは種類が2つあって、混同しがちです。カレンデュラは別名ポットマリーゴルドという名前がついています。もう一つのマリーゴルドはフレンチマリーゴールドといい、こちらは別名がタジェティーズ(タジェッティーズとも言います)といい、エッセンシャルオイルがあります。柑橘系のようななんとも言えない独特の香りです。

今は絶版になっている日本ヴォーグ社の「メディカルハーブ」には、「カレンデュラのエッセンシャルオイルの市販品もありますが、入手が難しいので代わりにカレンデュラのインフューズドオイルが代用になります。」と書いてあります。

「カレンデュラオイル」は、ベースになる植物オイルにカレンデュラのハーブを漬け込んで作る浸出油(インフューズドオイル)のことで、肌荒れや敏感肌の方の保湿オイルとして利用します。

カレンデュラオイルの作り方は、カレンデュラの花びらを煮沸消毒したビンに入れ、そこにベースオイル(ホホバオイルやヒマワリオイルなど)をハーブがよく漬かるくらい加えます。その後2週間日当たりのいい窓辺などに置いて、毎日逆さにしたりして混ぜ、2週間後にガーゼなどで濾します。そしてさらに2週間新しいカレンデュラをビンに加えてまた日当たりのいい場所で抽出します。2週間経ったらまた濾して保存用の遮光瓶などに入れて出来上がりです。

ちょっと時間がかかりますが、肌荒れが気になる敏感肌の方やおむつかぶれなどでカサカサした赤ちゃんの肌にも使用できる優しい抽出オイルです。このカレンデュラオイルで作ったクリームタイプの軟膏を「カレンデュラオイントメント」と言い、こちらもお肌に優しいクリームとしてよく使用されます。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です