ムエットについて

ムエットを手作りしていることについて書いたページのアクセスが多いので、追記としてムエットについて。

マルマンの画用紙だと一般的なムエットに比べると少し薄めだと思います。これで特に気にならなければよいのですが、若干薄くて使いづらいと思う方は一般的な「画用紙」の方がしっかりしています。

文具屋さんで紙質を比べてみるといいかもしれないです。

我が家の近くの文房具屋さんでは、子どもの頃これで絵を書いていたような記憶もある「さくら画用紙」が四つ切り、八つ切り、A4サイズなど何種類かのサイズで1枚50円から売っていました。

ネットでムエットのお値段をみると結構高いので、画用紙を切ったほうが間違いなく安いです。手間はかかりますけれど。

それから最近アロマのお教室を長くやっている先輩先生に教えてもらったのですが、お教室でムエットを置くとき、写真のように折って置くとエッセンシャルオイルがテーブルにつかないし、見た目もちょっとカッコいいとのこと。なるほど、なんだかいい感じ。上を向いたほうにだけエッセンシャルオイルが付いてます。

これをやるならマルマンよりもう少ししっかりした画用紙の方がいいのかなと思いました。写真はさくら画用紙で作ったムエットです。しっかり自立してくれます。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です