春を感じて

春らしい陽気になってきました。満開だった梅も散り始め、今日は自転車でお出かけしたら、沈丁花の香りがどこからか漂ってきて嬉しかったです。

桜ももうすぐですね。

我が家では冬の間は元気のなかったデンタータラベンダーがニョキニョキ伸び始め、蕾をつけています。

デンタータラベンダーは色々な種類があるラベンダーの中でも、四季咲きをしてくれるので、条件によって冬や春にも楽しめるラベンダーです。

私は鉢植えで育てているのですが、先日近所で地植えしているデンタータラベンダーを見つけ、しかもとても大きく育って立派な株でした。私も鉢植えから地植えに株分けしてみようかなあと刺激になりました。

自転車であちこち移動していると、意外とハーブを育ているお庭に遭遇することがあり、いままでスルーしていたところをそのあとは花が咲いたかな、などど気になってチェックしてしまいます。

本格的な春になる前に、ラベンダーやタイムの強剪定などもしないとです。剪定の時期や回数は品種によって違うようですが、定期的な剪定をやらないと形が悪くなったり、花の付きが悪くなるなど残念な見た目になってしまうので欠かせない作業です。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です