レモンバーベナとローズのハーブティー

ハーブティーとして秋にドライにしておいたレモンバーベナと一緒にブレンドするハーブを何にしようか…。比較的何にでも相性のいいハーブですが、今日目に入ったのはローズレッド。赤いバラの花びらをドライにしたもので、これはハーブティー用に購入したものです。とても良い香りがします。

レモンバーベナは優しいレモン様の香りがして爽やかな風味があります。同じレモンに似た香りのハーブにレモングラス、レモンバーベナがありますが、それぞれ香りに特徴があり、好みが分かれるところです。

レモングラスは見た目も香りもイネ科独特の草っぽさ?があり、和名は「レモンガヤ」と言います。エッセンシャルオイルは比較的安価で手に入ります。

レモンバームはシソ科のハーブで、香りも優しく丸くかわいい葉っぱは見た目が紫蘇に近いかなと思います。和名はコウスイハッカ。レモンバームのエッセンシャルオイルは”メリッサ”といってとても高価なオイルで香水の原料としても使われます。

レモンバーベナは先の尖った長細い葉の形をしておりクマツヅラ科の植物で、香りは「コウスイボク」という和名があるとおりとても爽やかないい香りがします。レモンバーム同様エッセンシャルオイルは高価になります。

レモンバーベナ、レモンバーム、レモングラス、どれもローズのブレンドには適していますが、レモンバーベナ独特の爽やかだけれどレモンバームと同様に香水にも使われる上品な香りがとてもローズが合う気がします。

まだまだ寒い日が多い2月。レモンバーベナとローズレッドのブレンドは、家の中で少し傾いた日差しを感じながら楽しむ午後のハーブティーとして飲みたいブレンドです。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です