ドライレモンバーベナ作り

我が家で一番ハーブテイーとして活躍するのがこのレモンバーベナです。

良い香りで大好きです。フランスのアロマ製品(リネンウォータや化粧水)などでもレモンバーベナのものは多いです。レモンのような香りですが、柑橘とはまた違う優しい香りが何とも言えません。

もう我が家のバーベナは育てて5年目になります。株がだいぶ大きくなって、夏になると結構大きくわさわさと葉っぱが茂ります。

茂り過ぎるとハーブにもよくないので剪定するために時々バランスを見てカットしています。剪定したものはフレッシュハーブティーで飲んだり、写真のようにドライにするために吊るしています。

ここのところ雨が降ったり、どんより曇り空の日が多くて、パリッとしたドライハーブになるか心配ですが、たくさんあってとりあえず捨てるのももったいないので作ってみて、だめならまた天気を見て作り直しです。

フレッシュはハーブティーとして使うことが多いですが、ドライだとポプリや冬のほっこりハーブバス、お料理用にハーブソルトに加えたりと思いついたときに使えるのでとても便利です。

でもやっぱりハーブティーで飲むのが手軽で一番好きですし、どんなハーブとブレンドしても相性がいいのでついつい選んでしまいます。たくさんドライにしておいても、いつの間にかなくなってしまうので、また今年も沢山作っておこうと思っているのでした。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です