デンタータラベンダーを飾って

まだまだ色んなハーブが花盛りという季節ではないですが、我が家ではデンタータラベンダーがよく咲いています。秋に種まきしたディルも黄色い花が咲き始めました。いよいよこれからハーブが賑やかになる季節です。

エッセンシャルオイルに使用する代表的なラベンダーはアンガスティフォリアという種類で、香りがよくて見た目も馴染みのある感じです。

こちらのデンタータラベンダーは、アンガスティフォリア系よりも花の咲く期間が長くて、どんどんお花が咲いてくれるので花のない季節もありがたい存在です。香りはアンガスティフォリア系には劣ります。

他にもラベンダーは色々な種類があって、それぞれが見た目が可愛かったり、ドライにして使ったりと用途や目的にあわせて選ぶことができて、苗売り場で見ていると色々と欲しくなってしまいます。

今年は気になっていたラベンダー”ティアラサファイア”という名前のストエカス系のラベンダーの小さい苗が、近所のスーパーのお花屋さんで180円で売っていたので、おもわず買ってしまいました。ウサギの耳のようなお花がとてもかわいいです。こちらの写真はまた今度・・・。

上の写真はデンダータラベンダーがあとからあとから咲いてくるので咲いた茎を切ってテーブルに飾りました。けっこうボリュームがあったので大きめのウォーターピッチャーに生けました。

毎日引きこもりのような日々が続きますが、家の中に植物があると気持ちが明るくなります。

ひとつ植物を育てて日々の変化を楽しむのもいいかもしれません。こんな時だから自然に触れて、気持ちをリラックスさせられるといいですね。

近い将来ハーブ講座をできたらと考えています。この引きこもり中にしっかり案を練って、興味のある方に、少しでも役立つ内容のものができたらいいなと思っています。また、ウェブショップはオープンしておりますのでぜひご利用ください。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です