水回りの臭い対策

8月も終わりに近づいているのにまだまだ暑い毎日です。こんな気温が続くと、家の中の水回りの臭いも気になります。

我が家のそんな臭い対策にはエッセンシャルオイルと重曹、クエン酸、お酢が大活躍です。

生ごみやゴミ箱の臭いには、ゴミ出しして空になったゴミ箱にエッセシャルオイルで作ったアロマスプレーをシュシュっと吹きかけてからティッシュやペーパータオルで拭き取ります。どうしてもゴミ箱の臭いはゴミを出した後でも臭うので、これをやると随分すっきりします。

キッチンの排水口の臭いが気になる時は、重曹を1カップくらいかけた後、お酢を100mlくらいその上に垂らします。そうするとシュワシュワと泡が出てきてそのまましばらく置いた後、お湯をかけて流すと臭いが随分なくなります。

トイレの掃除には最後の床の拭き掃除にクエン酸スプレーを作って拭き取っています。クエン酸はアンモニア臭を取ってくれるそうです。クエン酸水は、水100mlにクエン酸を小さじ半分くらい加えて作ります。これにエッセンシャルオイルを数滴加えて使っています。

アロマスプレーはちょっとした嫌な臭い対策にあると便利なアイテムです。(基本の作り方はこちらアロマの基本 5.ルームスプレー) とは言うものの、今薬局で無水エタノールが手に入りにくいのでおすすめしづらいです・・・。無水エタノールが無い場合は水とエッセンシャルオイルのみで使う前によくシェイクして使う、そして小さい容器で作って早めに使い切るという方法でいいと思いますが、これだとスプレー部分の目詰まりが起こりやすいようなのでご注意ください。また、出来上がっているヴィアロームのルームスプレーを使う事もおすすめします。ヴィアロームのルームスプレーはアルコール度数が75%なので殺菌効果も期待できます♪

以上の臭い対策は、暑い時期以外でも1年中使える方法です。すぐ使えるように我が家では、目的別でその場所にそれぞれスプレーボトルを置いています。シンプルで気持ちよく家事を行うアイデアの一つとしてよろしければお試しください。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です