リードディフューザーと無水エタノール

リードディフューザーを手作りする場合、無水エタノールとエッセンシャルオイルを使用します。その無水エタノールですが、新型コロナウィルスの影響で7月末になってもまだドラッグストアで見かけることはありません。

以前無水エタノールの代用としてスピリタスを使えるのでは、というブログを書きました。その後手元に無水エタノールがほとんどなくなりかけていたので、その時購入したスピリタスでリードディフューザーを作成してみました。

使用して分かったことなのですが、無水エタノールとスピリタスはアルコール度数がほとんど変わらないにもかかわらず、明らかにスピリタスの方が揮発が早いのです。

50mlの無水エタノールとエッセンシャルオイルで作ったリードディフューザーはだいたいひと月もつのですが、スピリタスだとひと月持ちませんでした。

早くなくなるのはもったいないので、スピリタスをリードディフューザーに使うのはやめました。化学的な難しいことはわからないのですが、二つに明らかな違いがあるのでしょうね…。もしかしたら使用時の気温が比較的高かったのも早く揮発する理由だったのかもしれませんので絶対にそうだとも言い切れない所ですが。

そんなわけで無水エタノールの代わりにスピリタスを使うのは違うのかなあと思ったり、でもこのコロナ禍で様々な日本酒メーカーなどが消毒用アルコールの販売も始めているので、ダメなわけではないのかなと思ったりと、はっきりどちらがいいとは言えないままです。

使い方によって何を選ぶかという問題なのかもとも感じます。欠品続きで手元にないけれど必要な時、「代用として使っているのだ」という意識も大事かも。

そんなことを考えていたら徐々にインターネットでは無水エタノールが出回り始め、普段購入する価格より少し高めでしたが取り寄せてみました。でもその後またそのサイトを確認したらそこももう欠品でした。

あらゆる場所で消毒が欠かせない日々なので、この状況はまだまだ続くのでしょうね。もちろん医療現場など最も必要とされている場所に届くことが大前提で、無理なく手に入るもので対応していけたらと思います。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です