たいせつなこと

先日NHKのニュースの特集で取り上げられていて、とてもよい内容だったから、と本をプレゼントしてもらいました。「いのち愛しむ、人生キッチン 92歳の現役料理家・タミ先生のみつけた幸福術 」(文藝春秋刊)

桧山タミさんという92歳の九州で料理教室をしているおばあちゃんの本。最近100歳近い高齢の方の本の出版が続いていてどれも人気のようですが、これもその中のひとつかなという感じで読んでみました。

さらっと空いている時間に読み終わるものでしたが、92歳のおばあちゃんのやさしい言葉は、どれも心に残るものでした。

旬のものを美味しく食べる事、物を大事にすること、家族への思いやり、自然に寄り添って生活すること、などなど普段私も気をつけていたい、子供にも伝えていきたい、と感じていたことが、タミさんの言葉で語られると、より強く深く感じられます。これからも「何を大切にしなければならないか」という軸をしっかり持ってぶれないように、年を重ねていきたいなと思いました。

素敵な言葉がたくさんあって、紹介したいところですが、人によって、そして読む時期によって響く言葉も違ってくる気がしますので、よろしければぜひ手に取って素敵な言葉を見つけてみてください。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です