ポインセチア

poinsettia

ポインセチアを初めて購入しました。

なぜか今まで買ってみようという気持ちにならなくて、しかもイメージ的に買ったその時期しか楽しめないもの、という気がしていました。

今回は息子の小学校のイベントで売っていた小さいポインセチアを、つい買ってしまいました…。

育て方を調べてみたら、やはりきちんと世話をしないとその年限りで枯れてしまうもので、そういうものとして楽しんでください、とまで書いてあるところもありました。

でもきちんと世話をすれば何年も楽しめるとのこと。最近ハーブ園芸で少し慣れた私ですが、調子に乗ってポインセチアまで仲間に入れてしまう事に。

ポインセチアのきれいな赤い色をクリスマスに向けて育てるには、「短日処理」というのをしないといけないとのこと。これは9月ごろから毎日40日間くらい夕方5時から翌朝7時まで、段ボール箱などの光を完全にさえぎる箱に入れて、光を当てなくさせるそうです。逆に昼間は日光が良く当たる暖かい窓辺に置いて置くということをしっかり続けないと、お店屋さんのようなきれいな色のポインセチアにはならないそうです。

こんなに地道な作業を経てお店屋さんに並んでいるのですね。

買ってからもこの「短日処理」を続けた方がいいらしく、頑張って毎日お世話しています。でもそんなことをしていたら、朝、段ボールから出すときに段ボールの蓋にあたってポインセチアの枝が一本折れてしまいました(涙)。相変わらずすることが雑な私…。

可愛そうなのでグラスに刺して飾っています。

このまま来年も元気できれいな赤いポインセチアが見られるといいなと思います。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です