エキナセアの花

今年の夏に園芸店でエキナセアの鉢植えをよく見かけました。

猛暑の夏でも元気に咲いているエキナセアに惹かれて、ひとつ買って庭に植えました。

購入時に咲いていた花が終わるとそのあと全く花が咲かなかったのですが、ここにきて何個か花を咲かせています。開花時期は「夏」、という説明が多いのですが、寒くなってきた今、なぜか元気に咲いています。

ハーブ療法で使うエキナセアは、エキナセア・プルプレアと言ってピンク色のお花で花びらは細長いものです。

今我が家で咲いているエキナセアは、プルプレアではなく、観賞用のエキナセアと思われます。なので薬用には使えません。オレンジ色の花はかわいいです。他にも花の色が白や黄色などなど観賞用のエキナセアはとてもたくさん種類があるようです。

エキナセア・プルプレアは、アメリカ原産のハーブで、茎、根をハーブティーにして使用します。

根っこの方が薬効が強いようです。味には特徴がなく、他のハーブティーと混ぜて使用することが多いです。根っこには少しピリッと痺れるような刺激があるのですが、これも産地や育て方などで違いが出るようで刺激が全くないものもあります。

エキナセアの効果としては、体の抵抗力を高め、病気にかかりづらい体にするために効果があると言われ、風邪やアレルギーの緩和などに使用されます。

アメリカ先住民が蛇の噛み傷、熱病、治りにくい古傷の治療に使用していたそうで、昔からとても役立つハーブだったという事がわかります。

これから寒くなり風邪をひきやすい季節がやってきます。エキナセアにプラスして、風邪の時に使用されるエルダーフラワー、ローズヒップ、ヤロウ、ペパーミントなどとブレンドするとより効果的なハーブティーで風邪予防や風邪の緩和に利用できます。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です