子供への自然療法

baby&naturopathy

私が日常的に何種類かの自然療法を使っていたので現在小学1年の息子には幼稚園に入る前からこういったものに親しんで育ちました。

ラヴェンダーオイルを寝る前に香らせたり、鼻づまりの時にユーカリオイルを蒸気吸入したり、カモミールやダンデリオンなどのハーブティーも普通のお茶のように美味しく飲んでいます。今では寝つきが悪い時はラヴェンダーかオレンジを香らせると気が付くと寝入っていて、子供にとっても安心の香りなのですね。

いつも思うのは、こういった自然のケアがお家にあるのとないのとでは随分違うんだろうなー、ということです。

赤ちゃんの時にうんちの出が悪くて便秘気味の時に、近くにあったホホバオイルを塗ってあげるとするりと出たり、おむつかぶれや肌荒れにラヴェンダーやカモミールのハイドロソル(芳香蒸留水)を使ってあげたりすることで、ひどくなる前に自分でケアできるというのはとてもうれしいことに思います。(ホームページのアロマ活用法にベビーと子供へのおすすめの使い方を少しだけ載せています。よろしければ参考にしてください。)

他にもフラワーエッセンスとか自分のために時々ホメオパシーを使ったりもしていますが、息子にとってはこういったものも日常の一部としてとらえてもらっているみたいです。

子育てで自然療法が役に立つのは子供だけでなく、使っているママにとってもやさしく心の癒しとして役立つものだということも自分が使っていての実感として持っています。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です