種から育てる

ディルの花です。

このあと種が採れるとスパイスとして使ったり、また種を撒いて育てることができます。

ハーブは苗で購入して育て始めることが多いですが、種から育てられるものもあります。

このディルは頂いた種を撒いたら、思ったよりも早く芽がどんどん出てきて、元気に育ちました。あまりにもたくさん苗ができたので、アロマ講座に参加して下さった生徒さんにお譲りしたくらい。

毎年こぼれ種で芽が出てくるジャーマンカモミールは、ずっと同じカモミールをこぼれ種で繰り返し育てていると、花の付きが悪くなるという事だったので、昨年オーガニックのカモミールの種を購入してみました。春と秋に撒いてみましたが残念ながらそれは全く芽がでませんでした…。種の品質が悪かったのか、撒き方や水のやり方が悪かったのか、理由はわかりません。結局少し前に苗を買ってきて、今は花が咲き始めました。

種から育てると言えば、頂き物で「八丈島フルーツレモン」(だったと思うのですが)がとても美味しくて感動してしまい、種を取っておいて撒いてみました。まったく芽がでないのでほとんど諦めていたのですが、今日見てみたら小さい芽が出てきていてびっくり。

このレモンは皮が厚いのですがその皮が柔らかくて風味がよいので、そのまま食べたりレモネードで頂いても美味しかったのですが、はちみつ漬けが最高でした。家でこのレモンが収穫できたらどんなに嬉しい事か♡このレモンは普通のレモンに比べてかなり大きいのですが、1個1000円近くするんです!

出てきた芽はもしかしたら他の雑草の芽かもしれないですが、なんとなく柑橘の葉っぱの様な形をしているのでわくわくしています。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です