心落ち着けて

少しずつ新型コロナウィルスの自粛モードから、通常モードに戻りつつあります。でもまだまだ元のような状態に戻ることは難しそうです。

非常事態宣言が解除されたものの感染者数は毎日発表されますし、外出する時はマスクを忘れないようにしなければ、などなど自粛期間とは違った気持ちの緊張感が続きます。

こんな毎日の中の少しだけ、ほっとした時間を過ごしてみませんか?

百万人のキャンドルナイトは夏至と冬至の夜に電気を消してキャンドルを灯し、時間を過ごすことを提案しています。もう提唱をはじめて20年目になるそうです。この活動も随分有名になりましたよね。「何かのためにキャンドルを灯そう」という明確な目的は掲げず、それぞれがそれぞれの好きな形で行い、それぞれがそれぞれの思いを感じるだけでいい、というようなゆるい形がいいのかも。

ちょうど明日は夏至です。

キャンドルの光は優しくて、ゆらゆら揺れる炎はずっと見ていても飽きません。ぼーっとキャンドルの光を眺めて、自分や家族や大切な人と向き合ったり、焦らずゆったりとした時間を過ごすのもいいかもしれません。

夏至に限らずいつでもキャンドルナイトは思い立ったら気軽にできるものです。火の取り扱いには十分に気を付けて、燃えやすいものを近くに置かない、キャンドルは安定した平らな所に置くなど環境さえ整えれば、安心してリラックスできる時間になります。

写真のキャンドルはノーザンライト社のみつろうキャンドル、パスカル。芯が太くてきれいな炎が立ち上がります。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です