ローズマリーの種類

ローズマリーを何度も育てていて、何度も失敗しています。

鉢植えだと水やりのタイミングがわからず枯らしてしまい、地植えだと育ちすぎて手に負えなくなるという感じ。

それでも一年中緑色で元気なローズマリーは家に欲しいハーブなので、また苗を買って育てているのですが、思っていたのと違うタイプのローズマリーだと分かったのは育て始めてそんなに日が経っていない時でした。

ローズマリーには立性と匍匐(ほふく)性という種類があるようで、立性ローズマリーは上へ上へとまっすぐ伸びるタイプ。匍匐性ローズマリーは地面を這うように伸びるタイプです。

立性だと勝手に思って育てていたローズマリーが、どうやら匍匐性のようでした。「半匍匐性」というのもあるようで、こちらは上にも横にも伸びるローズマリーです。もしかしたら半匍匐性なのかもしれません。はっきり今のところどちらかは分からずです。

我が家のローズマリーはそれぞれの枝が一定の方向に向かず、あちこちばらばらに向いていてけっこうもさもさしています。剪定すればもう少し見栄えがよくなるのかな?

調べてみると、匍匐性ローズマリーは高い所から垂れ下がるように育てると動きが出て見た目もよくなるようです。完全に植える所を間違えました(-_-;)

この事実が判明してから、お友達の家で立性のローズマリーを挿し木で分けてもらってすぐ横に植えてみましたが、匍匐性のローズマリーの勢いが凄くて立性ローズマリーの所在が分からなくなっています・・・。

せっかくなのでどちらも育てて違いを観察してみたいとは思っていますが、うまくいくかは全く分かりません。相変わらず植物を育てるのは難しいです。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です