レモンのエッセンシャルオイル

柑橘系のエッセンシャルオイルは色々ありますが、よく使われて初心者にも人気なのはオレンジやベルガモットかなと思います。

レモンのエッセンシャルオイルは、甘みが少なくさっぱりとしているので好みが分かれるところです。

でもレモンのエッセンシャルオイルは意外と色々な場面で使えるオイルなので、ぜひ仲よくなってどんどん使ってほしいです。

スッキリした香りは、まず気持ちをリフレッシュさせてくれます。集中力も高めてくれるので、ローズマリーやペパーミントなどとブレンドしたりしてお部屋に香らせると頭がすっきりするかも。勉強やお仕事中の香りにおすすめです。デスク周りに簡単なディフューザーや素焼きのアロマストーンのようなもので垂らしたり、ティッシュに垂らして深呼吸するのも手軽な方法です。

気持ちを浄化して清潔な気持ちにさせてくれるので、コロナ禍で外出があまりできず、家の掃除も怠けてなんだかすっきりしない日々を感じたら、レモンオイルでまずは空気をすっきりさせると、だんだんと気持ちも行動も変わるかもしれません。

また、レモンオイルは殺菌や感染症の予防にいいと言われているので、風邪の季節やお部屋の空気の浄化用としてルームスプレーを作ったりディフューザーでお部屋に拡散させてお部屋の感染症対策に使用できます。ブレンドするならティートリーやユーカリ、ラヴェンダーと。冬場の乾燥してインフルエンザが流行する時期、私はティートリー&レモンのエッセンシャルオイルをお部屋に拡散することが多いです。(加湿器も乾燥対策には欠かせません。)

また、セルライトなどの体の中の脂肪や老廃物を排出する助けになるようなので、お風呂に入れたり(敏感肌の方は刺激があるのでNGです)マッサージオイルとしてホホバオイルなどで薄めてマッサージするといいと思います。ブレンドするならジュニパーやサイプレスのエッセンシャルオイルがおすすめです。

オレンジやベルガモットにはない「浄化」作用が期待できるレモンのエッセンシャルオイル。同じような柑橘系のエッセンシャルオイルも、それぞれ違った特性があります。初めは香りの好みから入ってみて、気に入ったらよりその特徴を生かした使い方ができると、アロマがより楽しく便利に使うことができます。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です