和の香り

京都のお土産で松栄堂の香り付きしおりをもらいました。

久しぶりの和の香りは、小さいころに持っていた匂い袋を思い出します。

樟脳のようなこの香りが、小さいころからあまり好きではなかったのですが、伝統的な和の香りを少し楽しんでみようと思います。

以前アロマテラピーの売り場で働いていた時、松栄堂のお香も扱っていました。

たくさんの種類のお香がありましたが、独特な和の香りよりもエッセンシャルオイルの方が好きだったなという記憶があります。

そうは言っても今ではお気に入りのお香立てを持っていて、ほんの時々やはり頂き物のお香を焚いて和の香りを楽しんだりもしています。

香りを焚くことで、その場の雰囲気が変わります。静かな気持ちになったり、清潔な気持ちにさせたり、明るい気分になったり・・・。

昔から儀式などを行う際に、香木を焚いて場を清めたり、気持ちを高ぶらせたりなど香りはとても重要なアイテムでした。日々の気持ちの切り替えや、特別な時間のために、香りが使えるととても素敵だなと思います。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です