ティートリー

ティートリーのエッセンシャルオイルは、ラヴェンダー、ユーカリと共にアロマテラピーで日常的にあらゆる場面で使用できるオイルです。

まだアロマテラピーを知って間もない時に、「ティートリー」という言葉を初めて目にして想像した香りは、甘い紅茶のような香りなのかしら?それとも抹茶のような香り?と名前から勝手に想像していました。

でも実際のティートリーオイルの香りをお店で試したら、甘みもなくさっぱりとした香りだったので、ちょっとがっかりしたことを覚えています。

そんな微妙な出会いだったティートリーですが、アロマテラピーを実践して、仕事としても続けていく中で、いつでもなくてはならないエッセンシャルオイルの一つとなりました。

ティートリーはユーカリと同じくオーストラリア原産のフトモモ科の植物です。殺菌効果や消毒作用があり、様々な用途で使用できます。

肌がデリケートな方でない限り、ティートリーは原液のまま肌のトラブルに付けることができます(虫刺され、やけど、水虫に直接付けるなど)。炎症のあるところにつけると多少刺激を感じる場合もありますので、気になる方はそんな時は使用しないでください。

私がよく使う方法は、喉の痛みや口内炎の時に、ティートリーオイルを水を入れたコップに1滴垂らしてするうがいです。口の中がさっぱりするし、喉の痛みも楽になります。

また、風邪の季節にはティートリー単品もしくは他のオイルとブレンドしたりしてディフューザーでお部屋に拡散させます。空気がすっきりして、風邪気味の時の呼吸も楽にしてくれます。また、お風呂にお塩と混ぜての沐浴もさっぱりとしているので夏にもすっきりしたお風呂を楽しめます。

そういえば最近私が使っているシャンプー&トリートメントにもティートリーが使われていました。洗い上がりがさっぱりとしてお気に入りです。頭皮のトラブルでお困りの方は、無香料のシャンプーにティートリーを加えて使ってもいいのでは。最近は近くのドラッグストアでもオーガニック原料を使った、エッセンシャルオイルの香りがきちんとする製品が増えてきているのでそういったものを試すのも一つの方法です。わざわざ手作りする手間が省けます。

すっきりとした香りはラヴェンダーやユーカリ、レモンなど殺菌効果が同じようにあると言われているオイルと使用するとより効果的です。沢山の使い方ができるティートリーオイル、お家に一本あるととても便利です。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です