手作りアロマキャンドル

去年お教室でアロマキャドルを作った時の100均で買ったガラスの容器が残っていたので、アロマキャドルを作りました。

去年はピンクペッパーと緑色のハーブでシンプルなものでした。

今年はワックスバーみたいにちょっと大きなお花も入れてみたら可愛いかなと作ってみたら、やっぱりかわいい♪キャンドル素材はワックスバーで使われるソイワックスを使っています。

アロマキャンドルを特にクリスマスの時期に作ることが多いのですが、もったいなくて結局飾ってあります。置いておくだけでほんのり香るのでインテリアとして使えます。

今回キャンドルで使った飾りは、ラヴェンダー、レモンバーベナ、千日紅、ピンクペッパーです。キャンドルとして使用する場合は千日紅は取ってから使用したほうがいいと思います。

ピンクペッパー以外は我が家で育てたものです。ドライにして何かに使おうと保存してありました。ピンクペッパーの代わりにうちのミニバラの実を飾ってもよかったなと後で思いました。

香りは樹木系のブレンドに。シダーウッドやパチュリーにオレンジも加えました。20滴くらい入れたのですが、それでもまだほんのり、といったところだったのでもう少し多めに入れてもよかったかもしれません。

こんな時は古くなったエッセンシャルオイルが活躍します。特にスパイス系や樹木系などは使用頻度が低いものだとあっという間に1~2年以上経っても残っていることがあります。肌に付けずに香りを楽しむアロマキャンドルなら、香りが変でなければ問題なく使用できます。

シナモンやクローブなどはタンスの虫よけにもなるので、サシェなどに垂らしてタンスやクローゼットに入れるのもいいですね。

寒くなってきて、樹木系やスパイス系の温かみのある香りがほっとします。同じようにスパイスの効いたハーブティーやホットワインが飲みたくなる季節です。温かいものを飲んで、体と心をほっとさせて体調を崩さない師走になるといいなと思います。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です