ミルクバスボム

バスボムは子供も喜ぶ入浴剤です。

家で作っているのは基本のクエン酸と重曹、エッセンシャルオイルを混ぜたものです。

今回息子からのリクエストで、お湯が白くなるバスボムがいいとのことで作ってみました。

家にあるものか、簡単に手に入るものでできますよ。

<ミルクバスボム>

材料 重曹  大さじ3

クエン酸  大さじ1

スキムミルク 大さじ4

エッセンシャルオイル 6滴くらい

牛乳、生クリーム、コーヒーフレッシュ、芳香蒸留水など水分になるもの  小さじ1くらい

作り方

1.ビニール袋に重曹、クエン酸、スキムミルクを入れてよく混ぜます。

2.牛乳などを少しずつ混ぜながら加えて固まりやすくします。簡単なのは小さじ1杯分の分量が入っているコーヒーフレッシュ。

3.エッセンシャルオイルを加えてよく混ぜながら丸く固めます。

4.数分から数時間置いておくと固まるので出来上がりです。

乳製品はお肌を乾燥から守ってくれるので、冬の入浴剤としておすすめです。普通のバスボムよりもお湯の表面に小さい泡立ちがあって面白いです。しゅわしゅわする過程と音を子供と観察するのも楽しいです。

しばらくすると泡は消えて普通のミルクバスになりますが、お湯の色の白さは薄めなので市販の白く濁る入浴剤を期待すると違うかもしれません。そこのところはご了承ください・・・。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です