ラヴェンダーの万能バーム

毎日とても乾燥する日が続いて、さすがに植物オイルだけでは手先や足裏のカサつきには耐えられなくなり、朝食の片づけをしながら蜜蝋を使った簡単な軟膏(バーム)を作りました。

植物オイルは浸透してしまうのでその時はしっとりしても、しばらくたつと特に乾燥した季節には、どうしてもカサついてしまいます。

もうすこし肌表面で保護してくれるような、クリーム状のものを使わないとカサつきは抑えられません。

蜜蝋と植物オイル、そしてエッセンシャルオイルでつくる軟膏は、シンプルだけど色々な使い方ができる万能バームです。

今日はささっと作りたかったので、メタルの容器に蜜蝋を入れて、鍋に容器にかぶらない程度のお水を張り、メタル容器ごと湯煎にかけて作りました。

いつもは耐熱性のビーカーに蜜蝋と植物油を溶かして、そこにエッセンシャルオイルを加えてから湯煎にかけ、溶けた後で容器に流し込むのですが、そうするとどうしても耐熱ビーカーにくっついてもったいないし、洗い物も増えます。

使用する容器に材料を入れて湯煎にかければこのまま使えるので無駄にならずに、後処理も簡単で良かったです。冬なのですぐに固まるので、写真のように出来上がるまでに20分くらいしかかかりませんでした。

ただ湯煎から取り出すときに、やけどをしないように注意しなければならない事と、プラスティックなど耐熱性のない容器は湯煎にかけられませんのでご注意ください。

ラヴェンダーなら炎症を抑えたり、肌の再生を促し、敏感肌にも使用できます。色々なところに使いたいので、ホホバオイル&ラヴェンダーというシンプルなレシピにしました。

この万能バーム。使い方はハンドクリームとして、得に手先と爪に念入りにマッサージしながらすりこみます。あとは、足の裏やかかとのカサついた部分に。それからもちろんリップクリームとしても使えます。

そして最近鼻の入り口あたりも乾燥して調子が悪いので(もしかして軽い花粉症?)そこにも塗りました。いい感じです。花粉症や風邪で鼻をかみすぎて、鼻の下がカサカサの方にもおすすめですが、ちょっとテカテカするので塗りすぎには注意です。

<ラヴェンダーの万能バーム>

10mlくらい入るメタル容器で作る場合

○蜜蝋 1g弱

○ホホバオイル 5~7mlくらい

○エッセンシャルオイル ラヴェンダー 2~4滴

蜜蝋をメタル容器に入れ、湯煎にかけます。蜜蝋が溶けたらホホバオイルを加え、完全に溶けたらお湯から外し、エッセンシャルオイルを加えて楊枝などで軽く混ぜたらしっかり冷まして出来上がりです。湯煎から取り出しにくいようなら、お湯に容器を入れた状態でそのままエッセシャルオイルを加えてかき混ぜ、そのまま冷ましてもいいですよ。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です