手作りバスソルト

bathsalt

一日の疲れを取りたいバスタイム。なんだか理由ははっきりしないけれど体が重たい時や、季節の変わり目で体調がなんとなくすっきりしない、そんな時は決まってエッセンシャルオイルを使ってバスソルトを作り、お風呂に入れて入ります。

毎日そんなことはしないのですが、逆にどうしてもアロマバスに入りたいという時はやっぱり体が何かしらの疲れを感じている時だと思うので、いい香りのアロマバスに入るととてもほっとして疲れも取れる気がします。

ラヴェンダーオイルはそのまま原液でお風呂に入れてもいいと言われている肌にやさしいオイルなので、本当に疲れてバスソルトを作る余裕がない時にはそのままラヴェンダーオイルを5滴ほど入れて入っています。でも塩の浄化作用もある気がして、お塩大さじ1くらいにエッセンシャルオイルを5、6滴混ぜたバスソルトはおすすめです。

私はそんなに肌が弱い方でもないのですが、昔から柚子湯に入って温まっているとだんだん背中や太ももあたりからぴりぴりと刺激を感じて痛痒くなってきます。私のように柚子湯に入ると刺激を感じる方は、レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系のエッセンシャルオイルは同じようにバスソルトに加えるとぴりぴりしてくると思うので、使用は控えた方がいいと思います。いい香りなんですけどね。

今日はバスソルトに加えて初採りのラヴェンダーをお風呂に浮かべて入ろうかなと思います。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です